menu
高野山|別格本山 西南院

KOYASAN SAINAN-IN

西南院について

春季秋季お彼岸供養

西南院の春季秋季彼岸会

お彼岸供養
彼岸会はインドにも中国にもない日本独特の行事で年に二回、三月の春分の日と九月の秋分の日を「中日」として、その前後三日を合わせた一週間営まれる高野山の最も大切な行事の一つです。
当院は高野山で最も西にあり夕日を拝めるお寺ですので三月十八日から二十四日の七日間と、九月二十日から二十六日の七日間に彼岸供養を厳修いたしております。
この時期に彼岸会を行なう理由は、太陽の動きと関係があります。極楽浄土は西の方角にありますので太陽が真西に沈む春分・秋分の日の夕日には功徳があり、その彼方には極楽浄土があるといわれます。お彼岸には、ご先祖様のご供養とともに自分の浄土への願いも込めて西日の沈む彼方に向かい、夕日の向こうには極楽浄土があることを心に描いて、お祈りします。
また、お彼岸という言葉は古代インド語の「パーラミター」を「到彼岸」と訳したことに由来します。極楽浄土という理想の郷(悟りの世界)を意味しており、悟りの世界である彼岸を、死後の安らかな世界である浄土と捉えるようになり、現在のように亡くなったご先祖様に想いを馳せる、お彼岸が定着しました。 お彼岸はお盆の行事と同じように「先祖を敬い、亡き人をしのぶ日」であるのと同時に、先祖の魂祀りでもあります。
私共が幸福な生活ができるのは、いつも先祖の霊が守ってくれている御蔭です。そして、やがては私共も先祖となる時がくるのです。子孫の幸福のために精一杯努力をして善根をつみたいものであります。
当院では春秋二度の、お彼岸に報恩謝徳のため皆様方に彼岸供養を、お勧めする次第であります。

西南院について

MENU