menu
高野山|別格本山 西南院

KOYASAN SAINAN-IN

開創法会

開創法会

高野山開創1200年記念大法会

高野山は、紀伊半島紀ノ川南嶺、蓮の花のように八葉の峯々に囲まれた平原です。その地にお大師さまは、弘仁7年(816)、真言密教の根本道場とするために、時の帝、嵯峨天皇に高野山下賜の請願を上奏されました。これに対して嵯峨天皇は高野山下賜の太政官符を下され、七里四方の山林をお大師さまに与えられ、高野山の歴史はここから始まりました。
高野山開創1200年に相当する平成27年に「高野山開創1200年記念大法会」を奉修し、祖山荘厳事業、報恩伝道などの記念事業を執行していきます。
この事業に伴い当院でも順次改修工事を行っています。

西南院修復作業

本堂内陣修復

内陣正面の羅網1対を修復しました。
修復後の羅網
本堂内陣の天蓋を修復しました。煤で黒くなっていたものが輝きを取り戻して戻ってきました。
瓔珞を付けて完成

羅網修復と天蓋修復後の設置の様子はこちらをご覧下さい。→本堂内陣修復

献燈籠のお勧め

来る平成27年の高野山御開創1200年大法会に因み、当院の本堂に献燈籠を募集することとなりました。

詳しい内容は「献燈籠のお勧め」をご覧ください。