menu
高野山|別格本山 西南院

KOYASAN SAINAN-IN

開創法会

本堂修復

先代三回忌並びに明神様お迎えにあたり、当院では昨年より修復作業を進めてきました作業も無事完了することが出来ました。本堂とその周辺の修復作業について詳しくご案内致します。

→本堂大屋根の修復も完成しました。

■本堂彩色

修復前の本堂正面   彩色修復完成

彩色作業は、京都の「平安絵所 安川」様の職人の方にお願いしました。

【工程】

  1. ケレン
    旧彩色層をきれいに落とす。
  2. 下地塗
    上塗りの付着性を向上させ、良好な発色効果を得る為、白地の下地を塗る。
  3. 型付け
    下地塗をした部材の上に彩色する絵柄の型を描き写す。
  4. 置上げ
    正面の虹梁2本表面の彩色に重厚感をだす為、金箔部分に厚みをもたせ立体感を出します。
  5. 箔押
    金箔を押す。
  6. 彩色
    社寺専用彩色絵具で色を塗る。
  7. 岩絵具彩色
    濃い赤・緑・青色の部分などには、日本画の高級絵具である岩絵具を上塗りする。

彩色作業 彩色
作業中の職人の方と彩色のアップ

彩色作業 彩色
本堂正面の鳳凰と両端にある獏鼻

■外壁、建具

外壁及び建具の塗り替えは和歌山の職人さんが毎日手作業で行っています。
何度も塗り重ね長い時間をかけたその仕上がりは未来へと続く大切な保存の役目を果たします。

修復途中   修復完成

開創法会

MENU